• WELLNESONE JAPAN

3色点数法の赤・緑・黄の食材とは?

MoGuPost vol.011「3色点数法」

◼︎3色点数法とは?

3色点数法では、食材の栄養の働きごとに3つの食品グループ(赤・緑・黄)に分け食べる量を1点=80kcalのエネルギー点数で表しています。

この3色の食品群から点数配分にそって食事をすることで1日の栄養バランスがとれます。


◼︎1日に必要な点数

では、1日に何点の食事をすれば良いのでしょうか?それは、活動量などによって異なります。基本に示されることの多い一日20点のパターンは18歳から29歳の女性で活動レベルが普通の方向けです。自分の年齢や活動量に合わせて、3色の食品からバランスの良い食事を心がけましょう。


◼︎赤の食品:体をつくる

赤の食品は髪の毛や爪、血や筋肉をつくるもとになるたんぱく質やミネラルが豊富ななかまです。


例:肉、魚、小魚、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品、海藻類など


◼︎緑の食品:体の調子を整える

緑の食品は、からだの調子を整えるビタミンが豊富ななかまです。


例:野菜、果物、きのこ類など


◼︎黄の食品:エネルギーのもとになる

黄色の食品は、からだのエネルギーになる主食、炭水化物や脂質が豊富ななかまです。


例:米、パン、麺類、いも類、砂糖、油、マヨネーズ、ごま、ナッツ類など


◼︎3色点数を取り入れた食育を家庭で行うには?

家庭で楽しく子どもと一緒に赤・緑・黄の食品や栄養バランスについてまなぶにはどうしたらよいのでしょう?食育カードゲームMoGuMoGuでは親子で遊びながら学ぶことができます。

13回の閲覧
MoGuMoGu.png

​S h o p

 一生モノの、食育を。